四十九日法要のいろは


香典返し専門店もあります。



おこころざし.com

https://www.ococorozashi.com/

 

 

四十九日法要をお寺で行う場合の施主が用意する供花と供え物について

2018年05月30日 22時56分


四十九日法要をお寺で行う人もいるでしょう。
その場合、本堂に供花や供え物を必要とするお寺もあります。

大抵はお寺で仏花を用意し、施主はその費用を負担するという形が多いのですが、
地域によっては持参を求められることもあります。
 

施主として供花を用意する場合は?


お寺で特に決まりがない場合は籠花や少し大きめのアレンジメントフラワーがいいでしょう。
生花店に“お寺の供花用”ということで依頼・発注をしておきます。

事前にお寺の花瓶の大きさや供花について決まりごとがないか確認した方がいいでしょう。

また、四十九日法要の際に納骨式も一緒に行う場合はお墓に供える花も必要になりますので、忘れないようにしましょう。
 

供え物はどんな物をしたらいい?


供え物を持参する場合、果物の籠盛りや饅頭、菓子折りなどを用意します。
法要後は参列者に持ち帰っていただく場合が多いので、小分けができるものがいいでしょう。

供え物についても、事前にお寺に決まりごとがないか確認しておく方が無難です。
 

ポイント(まとめ)


□施主として用意する供花は籠花や大きめのアレンジメントフラワーがよい
□供え物は持ち帰り用に小分けができる籠盛りや饅頭、菓子折りがよい
□いずれも、事前にお寺に決まりごとがないか確認する
 

 

喪中はがきの印刷費の比較、安いのはどこ?の結論。
(2019年末、2020年賀欠礼)

喪中はがきの印刷サービスの料金を比較しています。自分が調べた範囲ですが、最安も発見しています。おすすめはネット完結で文面セミオーダーの印刷サービス。イオンやセブン-イレブンなど近くのスーパー、コンビニでも注文受けていますが、安くて納期早くて安心便利なら・・・

 

 

みんなのお焚き上げ