四十九日法要のいろは


香典返し専門店もあります。



おこころざし.com

https://www.ococorozashi.com/

 

 

四十九日 法要当日までのしきたり


「四十九日目に死者への審判が下る」と言われていることはお伝えしましたが、
実は七日ごとに故人の生前の罪を裁く裁判が行われているのです。

亡くなった日から数えて、七日ごとに、初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)と、
遺族はその七日毎にお坊さんを呼び、読経をしてもらいます。

ただし、現代では最初の七日目である「初七日」の法要を葬儀の後に執り行い、後は三七日、五七日だけを家族だけで執り行うところが多くなっています。

四十九日までの祭壇(中陰壇)を設ける

2018年05月29日 15時27分

    中陰壇(後飾り)のしきたり 中陰壇とは四十九日(中陰とも言います。)までの間、特別な祭壇を設けて故人を供養します。 お葬式に参列できなかった人が、…

自宅へお参りに来る人への対応

2018年05月29日 15時27分

やむを得ず葬儀に参列できなかった人や、後日訃報を聞いた人が自宅を訪れ、お悔やみやお線香をあげ冥福を祈りに来てくれます。 時には突然来ることもあります。 訪れる人への対応も喪主や家族の大切な…

 

喪中はがきの印刷費の比較、安いのはどこ?の結論。
(2019年末、2020年賀欠礼)

喪中はがきの印刷サービスの料金を比較しています。自分が調べた範囲ですが、最安も発見しています。おすすめはネット完結で文面セミオーダーの印刷サービス。イオンやセブン-イレブンなど近くのスーパー、コンビニでも注文受けていますが、安くて納期早くて安心便利なら・・・

 

 

みんなのお焚き上げ