四十九日法要のいろは


香典返し専門店もあります。



おこころざし.com

https://www.ococorozashi.com/

 

 

四十九日までの祭壇(中陰壇)を設ける

2018年05月29日 15時27分

 

 

中陰壇(後飾り)の作り方としきたり


中陰壇とは四十九日(中陰とも言います。)までの間、特別な祭壇を設けて故人を供養します。

お葬式に参列できなかった人が、後日弔問に訪れた時にお参りをしてもらう祭壇になります。

いわゆる普通の仏壇とは違います。

中陰壇の飾り方に決まりはありませんが、
 
  • 上段:左から遺影、白木位牌、遺骨を安置
  • 中段:仏飯やお供え物
  • 下段:左から花立て、香炉、鈴(リン)、燭台、線香立て

とういうように並べます

設置場所は仏壇の傍らか、仏壇がなければ、部屋の北側か西側になります。

お参りされる方のことも考えて設置しましょう。

 

 

中陰壇(後飾り)はどこで手に入るか?


中陰壇(後飾り)の入手方法ですが、中陰壇(後飾り)はお葬式の際にお手伝いいただいた葬儀屋さんが貸し出してくださる可能性もあるので相談してみると良いでしょう。

ただし、それが難しい場合は、楽天やamazonなどの通販などで購入してしまうことも可能です。


京仏壇はやし 盆棚 精霊棚 後飾り段 木製祭壇 三段祭壇 白布・写真立て付き (高さ73cm×幅84cm) ※工具なしで簡単に組み立てられます (3段) 【京仏壇はやしオリジナル 防虫剤 (しょうのう)セット】





「中陰壇」では検索して出てくる商品は少ないですが、「祭壇 三段」とか「法事 二段」とかで検索するとたくさん見つかります。

ダンボール製のもので、かぶせ用布や遺影の写真立てや虫よけのショウノウまでもセットで1万円しない価格で購入が可能です。


スペースや、今後の法事の用途を考慮しながら選ぶと良いでしょう。


以下、リンクをしておきますのでチェックしてみてください。

 

四十九日までのお供えの仕方


四十九日までのお供えの仕方としては、ご飯やお水は毎日取り替え、灯明を絶やさないようにするのが、しきたりです。

ここで大切なのが、ご飯は炊きたてのものを一番最初にお供えします。

お花は造花ではなく、生花にします。

お供え物は腐らせることのないよう(特に果物は要注意)しばらくお供えしたら、下げて家族でいただきます。

問題は四十九日まで灯明(ロウソクの火)と線香を絶やさないということです。

昔は家に必ず誰かがいました。
しかし、今のわたしたちは生活スタイルが違います。

電気タイプのロウソクや10時間くらい燃焼し続ける巻線香などを用いるといいでしょう。

 

 

 

中陰壇(後飾り)は処分する


四十九日法要が終わったら、忌明けとなり、忌中と区切りにをつけるためにも、中陰壇は処分するといのがしきたりとなっています。

ただし、新盆でも祭壇があるに越したことはないと思いますので、一旦たたんで仕舞って、また夏のお盆時に使うということでもよいでしょう。

しきたり通りにする場合には、葬儀社などに引き取ってもらうか、お寺さんにお焚き上げをお願いしましょう。

尚、四十九日が過ぎると本位牌に魂を入れる為、白木位牌は不要になります。葬儀や四十九日法要のお勤めをお願いしたお坊さんに引き取ってもらい、お焚き上げをしてもらうといいでしょう。

(お焚き上げとは今までの礼をつくし、お寺で浄火で焼いて供養することです。)
 

 

喪中はがきの印刷費の比較、安いのはどこ?の結論。
(2019年末、2020年賀欠礼)

喪中はがきの印刷サービスの料金を比較しています。自分が調べた範囲ですが、最安も発見しています。おすすめはネット完結で文面セミオーダーの印刷サービス。イオンやセブン-イレブンなど近くのスーパー、コンビニでも注文受けていますが、安くて納期早くて安心便利なら・・・

 

 

みんなのお焚き上げ