四十九日法要のいろは


香典返し専門店もあります。



おこころざし.com

https://www.ococorozashi.com/

 

 

納骨の準備をする お墓?それとも永代納骨?

2018年05月07日 16時53分


納骨の時期は特に決まりはないそうです。
地域によっても様々のようですが、仏式では四十九日法要に合わせて行うことが多いようです。
 

お墓は慌てる必要なし


既にお墓があれば、四十九日法要に合わせて、納骨を行うことができます。
お墓が用意できていない場合でも、慌てる必要はありません。
四十九日まで新しいお墓を用意するなんて、無理です。

直ぐに納骨できない場合でも、「仮納骨」といって、菩提寺や霊園の納骨堂で一時的に預かってもらこともできます。
 

永代(えいたい)納骨という方法もある


お墓を立てる予定がない人はお寺、霊園の納骨堂に永久に預けることができます。
これを永代(えいたい)納骨といいます。

その場合、気をつけておきたいことは
後でお墓の準備ができても、一度「永代納骨」をすると、遺骨を返してもらえないところもあるようです。
よく検討するようにしましょう。
 

ご先祖のお墓に納骨する場合


四十九日法要に合わせ納骨を行う場合は、法要の後に墓地に出向いて納骨を行います。

納骨はお墓の納骨室を開けるので、石材店または墓地の管理事務所があれば、連絡して準備をしてもらいます。
また、墓石か墓誌に戒名の彫刻も合わせて依頼しておきます。

遅くても2週間前までには連絡をしておきましょう。

 

喪中はがきの印刷費の比較、安いのはどこ?の結論。
(2019年末、2020年賀欠礼)

喪中はがきの印刷サービスの料金を比較しています。自分が調べた範囲ですが、最安も発見しています。おすすめはネット完結で文面セミオーダーの印刷サービス。イオンやセブン-イレブンなど近くのスーパー、コンビニでも注文受けていますが、安くて納期早くて安心便利なら・・・

 

 

みんなのお焚き上げ